歯医者で行う対策|食べる行為を阻害する歯周病の正体と改善法

食べる行為を阻害する歯周病の正体と改善法

歯医者で行う対策

歯科

口腔ケアが大切なわけ

健康な歯肉は薄いピンク色で、歯と歯肉の間は引き締まっています。しかし、歯周病が進むことで歯が抜けてしまうこともあるため、大阪地域全体では予防歯科が支持されています。食文化の影響から、大阪では正しい口腔ケアを指導する歯科院が多いのも特徴です。歯周病は、歯みがきがしっかりできていないなど、毎日の口腔ケアの不徹底が積み重なった生活習慣病の1つです。遠ざける第一歩は、まず、歯肉の炎症の原因であるプラークを減らすことです。大阪の歯科院では、歯ブラシの正しい持ち方・動かし方・当て方までを指導し、治療を極力減らす予防を提案してくれます。また、歯が抜けてしまう歯周病対策として、プラークの除去治療なども行ってくれます。

高齢者のヘルスケアに直結

細菌が集まって形成されるプラークは、歯周病の原因菌の他、様々な種類の細菌が繁殖・増殖し、炎症を引き起こします。大阪の歯科院では、歯周病対策として歯石の除去や歯周ポケットの溝のケアを施してくれます。炎症が進み、歯肉が後退し、歯槽骨がダメージを負うと、歯がグラついてしまいます。歯を失うと、食べ物が噛めないだけではなく、息がもれてハッキリ話せなくなるなど、日常生活のあらゆるシーンに支障が出ます。特に大阪の歯科院では、高齢者の歯周病予防を強く推進しています。というのも、歯周病菌を含む唾液が誤って気道に入り、肺に達して炎症を起こす誤嚥性肺炎が予想されているためです。飲み込む力が弱っている高齢者は要注意と言われている歯の病気は、予防が重要視されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加