歯の寿命を長くするために|食べる行為を阻害する歯周病の正体と改善法

食べる行為を阻害する歯周病の正体と改善法

歯の寿命を長くするために

わらい顔

歯の根が不安定に

歯周病になると、炎症により歯茎が衰え、元の位置から徐々に下がっていくことになります。また、歯磨きを過剰におこなうことでも、やはり歯茎が炎症を起こし、下がっていくことがあります。歯茎は、歯の根の支えとして働いているので、それが下がるということは、歯の根が不安定な状態になるということです。具体的には、ぐらつきやすくなり、硬い物を食べることが困難になっていくのです。放置していると、やがては歯の根が折れたり、歯が根ごと顎の骨から抜けたりします。こういったトラブルを防ぐためにも、歯茎が下がってきた場合には、早めに再生のための治療を受けることが大事とされています。再生させれば、歯の根はしっかりと支えられるようになりますし、それによって歯の寿命は長くなるのです。

具体的な治療方法

歯茎を再生させる治療は、主に別の歯茎を切り取って移植するという方法でおこなわれています。奥歯の周辺には、盛り上がりのある健康な歯茎が残っていることが多いので、それを採取して、下がっている部分に移植するのです。自分自身の歯茎を使うわけですから、拒絶反応を起こすリスクは少なく、移植先にはスムーズに融合します。また昨今では、豚の歯周組織から抽出したたんぱく質を注入することで、再生を促すという治療もおこなわれています。歯茎だけでなく歯もこのたんぱく質から作られているので、注入により歯の根は頑丈な状態になっていきます。つまり、歯の寿命をより効率良く長くすることができるわけですから、この治療は注目を集めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加